FC2ブログ

石上神宮と私の出会い

2012-04-17

私が40代の頃、知人に誘われて奈良の三輪明神・大神神社に参った事がありました。

その帰りの道中で、何故か頭痛がしてきて気分が悪くなりましたが、それに堪えて車を運転していると、目の前に石上神宮の看板が見えて来ました。

私は、まるで導かれる様に車を走らせ、いつの間にか神宮の鳥居の前に到着していました。

車から降りた時、今までの気とは違う爽やかさを感じ、鳥居を潜ると体が軽くなったのを覚えています。

神前に向かって手を合わせていると、正面から言葉に言い表せない気が流れて来て、私の体は爽快になり、その状態は暫く続きました。

それから、毎月一日の早朝に参拝するようになり、店の営業日と重なる日には、開店時間の午前11時までには戻って来ていました。

ある日の事、自分の店の事でいろんな思いを胸に抱えて考え事をしながら、早朝の参拝に向かう車中でした。

突然、

「神に訴えろ」

と、何度も聞こえたのでそのまま神前に参ると、

「店は澄み切り案ずるな」

と聞こえました。

私はびっくりして、半信半疑で店に入ったこともありました。



私は、神社に参ると必ずおみくじを頂きます。

私に頂くその時の神の御言葉と信じていたからですが、不思議と辛い最中には大吉ばかりだったのです。

これは、神様の愛としか思えません。



またある日、気分が悪く仕事を終えて自宅に戻りすぐ横になると、胸の真後ろの辺りが痛んできた事がありました。

私は起き上がって神棚の前に座り、"六根清浄の祝詞"を宣ろうとしました。

祝詞のページを開き見ようとすると、その手前の"十種大祓"が目につき、そこに「布留部の祓いとも云う」と書かれていました。そこで、それを読み進めると背中の痛みが消え去ってしまったのです。

この祝詞は、人の恨みや、妬み嫉みを持った生霊を祓う祝詞だったのだ、と自分の体験を通じて知ったのです。

石上神宮は、その昔、邪悪な魂を祓い人の恨みや妬み嫉みを持った生霊を祓い、天皇を守護していた宮なのです。

私のところへ何かのご相談で来られた方には、石上神宮へお参りされるようにお伝えしています。
スポンサーサイト



テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

tag : 精神 意識 生命 意志 ストーン

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Nirvana ~ニルバーナ~ 石上神宮と私の出会い

Nirvana ~ニルバーナ~ 石上神宮と私の出会い
検索フォーム
プロフィール

マダムストーン

Author:マダムストーン


ジュエリーデザイナー。
大阪府生まれ。
ファッションデザイナーとして活動中、タイシルクを日本に紹介し、着物のリフォームブームを起こす。
その後、石の世界に入り石の意思を伝える「石の伝道使」としてジュエリーデザインを手がける。
物に宿る魂の声を聞くスピリチュアリストとして、多方面から相談を受けている。

◆公式サイト:NIRVANA

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
RSSリンクの表示
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
NIRVANAの公式サイト

FC2ブログランキング

著書の紹介
私の著書のご紹介です。
いきる ~人・石・衣~
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
3729位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
573位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
お問い合わせフォーム
このサイトに関するご意見やご感想、ご質問などがございましたら、下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お名前:
E-mail:
件名:
本文:

アクセスカウンター
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新コメント